若はげ(若年性脱毛症)

「若年性脱毛症」とは男性型脱毛症のひとつで、20代~30代という若い年齢で発生する脱毛症のことを指します。年齢的にも肉体的にも、まだ老化が始まっているとは呼べない年代でありながら、毛母細胞が正常な毛髪サイクルを維持できなくなり、額の生え際や頭頂部の髪が細くなったり、抜け毛が多くなるなどして次第に薄毛が目立つようになってしまうのが若年性脱毛の特徴です。

人によってその進行度合いは様々ですが、新陳代謝が活発なこともあり、早期に体質改善を図れば、比較的早く状態がよくなる傾向は見受けられます。具体的な原因というものは、実際には未だにはっきりと解明されているわけではないようです。

一般的にはホルモンバランスの崩れによるものが大きいと言われています。男性ホルモンが過剰で髪が抜けるということだけが原因ではなく、「ストレス」と「栄養バランスの悪化」、更には「ライフスタイルの悪化」が招いた複合的な要素が複雑に絡んだものであるという声もあります。

タグ

2016年11月19日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:円形脱毛症 円形脱毛症の種類

このページの先頭へ

イメージ画像