円形脱毛症の薬

人類と円形脱毛症との歴史は長く、これまでにもたくさんの治療法が開発されてきました。それと同時に、円形脱毛症の薬というものもたくさんあります。ここでは円形脱毛症の薬をご紹介します。

円形脱毛症は毛根が正しく機能しないことによって起こるので、そこに栄養をたくさん送って活発にすることによって発毛を促進しようという考え方の薬が「フロジン」です。フロジンを円形脱毛症の患部に塗ることによって皮膚血管を広げて血流を良くするため、これまでよりも栄養がよく毛根に届くようになりますから、発毛促進作用があります。
強力なステロイドの塗り薬で炎症による腫れや赤みを抑える作用を円形脱毛症に用いているものがいくつかあります。「アンテベート」や「フルメタ」、「デルモベート」がそうです。これらは炎症を抑えることで皮膚の健康を取り戻して、そこにある毛根の活動を正常にすることが期待できる塗り薬です。

さて塗り薬があれば飲み薬もあります。確かに患部に直接塗ることが出来る塗り薬のほうが直接的な効果があるように思いますが、飲み薬は原因となっていそうなをアレルギーなどを取り除くことに主眼が置かれています。
例えば「セファランチン」は抗アレルギーや免疫機能を強くする作用がありますので、別の項でお話した自己免疫疾患が円形脱毛症の原因として考えられる場合は有効です。ですがこれはあくまでも自己免疫疾患が原因である場合にのみ有効で、対症療法としては塗り薬のようにステロイドを用いた飲み薬もあります。これらステロイドを使った飲み薬の場合は炎症を鎮めることによって円形脱毛症の部分を正常に戻すという効果を期待しているので、むしろ塗り薬のほうが効き目も早いかも知れません。

円形脱毛症はケース・バイ・ケースなので、しっかりと医師や薬剤師に相談して治療薬を選定することが最も大切です。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年6月20日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:円形脱毛症 円形脱毛症の治療

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像