出産による抜け毛

円形脱毛症でなくても女性には抜け毛の心配が常につきまといます。例えば、多くの女性が経験する出産に伴う抜け毛。女性が赤ちゃんを出産するとその直後に大量の髪の毛が抜け、それは円形脱毛症であるとする噂話がありますが、これは誤りです。女性が産後に経験する大量の抜け毛は円形脱毛症ではありません。

女性は妊娠すると黄体ホルモンと呼ばれる物質の分泌が活発になります。黄体ホルモンとは体温を上昇させて妊娠を継続させるとても大切なホルモンなのですが、それと同時にヘアサイクルを一時的に変えてしまう働きがあります。本来なら役割を終えて抜けても良いはずの髪の毛が抜けることなく成長を続けてしまうのです。

つまり、妊娠から出産に至る時期は髪の毛が必要以上に増えてしまった状態にあります。それが出産とともにホルモンバランスが通常の状態に戻り、黄体ホルモンが必要以上に成長させていた髪の毛が一斉に抜け落ちます。髪を洗った時に、この一斉に抜け落ちた髪の量だけを見て円形脱毛症を疑ってしまうというわけです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2010年9月2日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:円形脱毛症 円形脱毛症の種類 円形脱毛症見分け方

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像