円形脱毛症の治療

ストレスが原因の円形脱毛症であれば、時間が経つことで自然に治るのが普通ですが、原因がそれだけでない場合や、自然に治らないという場合は医師の手を借りる必要があります。円形脱毛症の治療や相談は皮膚科が専門です。円形脱毛症では、と思うようであればまず病院に行き、皮膚科の診察を受けてみましょう。そこで円形脱毛症であると診断された場合、いったいどんな治療をするのでしょうか。現在皮膚科で行われている一般的治療法をご紹介します。

最も一般的なのはドライアイス療法と呼ばれる治療法です。これは冷凍療法とも呼ばれますが、何とも冷たそうな治療法です。実際にもその通り非常に冷たい治療法です。円形脱毛症になっている部分にドライアイスを短時間あてて、刺激を与えるというものです。いわゆる薄毛の対策としてブラシで頭皮をマッサージするというものがありますが、これに近いものだと考えてください。これでも効果が見られない場合はドライアイス療法を中止し、局所免疫療法という治療法が取られます。皮膚炎を起こしやすい物質をわざと円形脱毛症の部分に塗り、弱い皮膚炎を起こすことによって刺激を与える療法です。これらの治療法は安全で、非常に有効率の高い治療法なので全国の皮膚科で一般的に採用されています。この他にも病院によっては色々な治療法を採っているところがあります。

次によく知られているのがPUVA療法という治療法です。PUVAのPとはソラレン(PSORALEN)という物質のことで、紫外線と併用することによって生物学的な活性を引き起こすことで知られています。UVAとは長波紫外線のことなので、PUVAとはソラレンと長波紫外線を併用したものであることが分かります。
他にも液体窒素をスプレーのようなもので吹き付けたり、液体窒素をひたした綿棒で刺激するという治療法もあります。窒素とは通常は気体ですから、それが液体になるほど低温にしたものを使用するということで、これも冷凍療法と考え方は同じです。これらの治療法に共通しているのは、刺激を与えることによって発毛を促すということです。本来円形脱毛症は自然に治ることのほうが多いのですが、それでは刺激が足りずに治りにくいという場合に用いられます。

ここでは数々の治療法をご紹介しましたが、ここでご紹介している材料を用意すれば自分で出来る、というものではありません。必ず医師の診察や指導のもとで行うようにしてください。

タグ

2013年1月16日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:円形脱毛症 円形脱毛症の治療

このページの先頭へ

イメージ画像